興福寺、二つの八角円堂に異なる揺れ方 初の科学的調査:朝日新聞デジタル

 奈良の世界遺産・興福寺にある八角形の円堂二つを振動測定した結果、ある構造の違いから、地震のときの揺れ方が異なることがわかった。五重塔や一般的なお堂では揺れ方の研究が進むが、伝統的な木造の八角円堂で構…

7コメント・2020年09月23日16時20分

  • おやつMaster(考古学のおやつ、発信中)

    2020年9月23日 #考古学おやつ 1/2#奈良県 #奈良市 ・ #興福寺 #北円堂 ( #鎌倉時代 に再建)と #南円堂 ( #江戸時代 に再建)は、地震時に異なる動き。→[朝日新聞 (

    2020年09月23日 21時30分

  • イカさん

    1件のコメント “” (9 users)

    2020年09月23日 17時40分

  • 朝日新聞大阪文化班

    きっかけは大阪北部地震でした。:

    2020年09月23日 16時20分

  • 宮部涼太郎(顔アイコン緑色)

    〉この違いに疑問を感じた興福寺が、東京大大学院の藤田香織教授(建築学)に調査を依頼した。しゅごい

    2020年09月23日 16時20分

  • 閑古鳥旅行社

    ・興福寺にある八角形の円堂二つを振動測定した結果、ある構造の違いから、地震のときの揺れ方が異な…

    2020年09月23日 16時20分

  • ユーレイヒー

    二年前の大阪北部地震が切欠なのか

    2020年09月23日 16時20分

  • yet_another

    読める範囲の短い部分でも、伏線を引いて回収してるこの記事すごい / 1件のコメント “”

    2020年09月23日 16時20分